サイトマップ お問い合わせ
ホーム 新着情報 製品紹介 コラム 作例写真 よくある質問 会社概要
 
HOME
新着情報
製品紹介
オプション
コラム
作例写真
FAQ
気まぐれBLOG
ユーザー紹介
取扱店
お問い合わせ
SWAT倶楽部
■SWATシリーズ赤道儀
SWAT-350SWAT-310
| 生産終了した製品についてはこちらへ |

■ポータブル赤道儀
 SWAT-350
 ブルー/シルバーツートンアルマイト
 オープン価格 参考価格 132,000円 (税別)
 ※トワイライトブルーメタリックは生産終了しました。


SWATシリーズの最高峰「SWAT-350」は、これまでの「お手軽」というポータブル赤道儀の概念を一新する高性能一軸赤道儀です。まず、高精度追尾を実現するためにウォームホイールを直径106mm、歯数は210枚まで大径化しました。SWAT-200に比べて25%大きく、モーメントも減少することから、ピリオディックモーションエラーは±7秒角前後まで向上させています。さらに剛性をアップするために、筐体を贅沢なアルミ削り出しとしたうえに、極軸保持方法に大型赤道儀と同様のベアリングレイアウトを採用して、耐荷重量約15kgを達成。赤緯軸を搭載した運用でも安心の高剛性を実現しています。モータードライブには最新のマイコン制御を採用し、多彩な速度切り替えを実現しました。また、オートガイダー(ST-4互換)にも対応し、長焦点での星野撮影に威力を発揮します。

■素材にもこだわった大型ウォームホイール
ウォームホイールのサイズは追尾精度に直接影響する重要な要素です。SWAT-350のウォームホイールには中型赤道儀並みの直径106mm、歯数210枚の大型ホイールを採用し、驚くほどの追尾精度を実現します。また素材にはジュラルミンを採用。組み立て時に高精度研磨(エイジング処理)することにより、とても滑らかでスムーズな回転が得られます。組み立て調整時の工夫として、バックラッシュを嫌ってウォームホイールとウォームネジの噛み合わせをきつめにすると、追尾精度がガクンと落ちることがあるため、 SWAT-350は追尾精度最優先で、あえてバックラッシュを多めに設定しています。そのためターンテーブルをクランプしても回転方向に若干のガタつきがあります。バックラッシュの影響は搭載物のバランスを少しだけ崩すことで解消できます。ターンテーブルに自由雲台やシンプルフォークユニットを取り付けて撮影する場合は、東西いずれかの方向にバランスが崩れるため基本的にバックラッシュの影響はありません。(どこかのタイミングでバランスが逆転するときに影響が出ることがあります) ドイツ式などで運用する場合、SWAT-350では軸受けの構造上、東側(北天の時)荷重がお勧めです。

写真は高精度研磨前(上)と研磨後(下)の歯面の状態です。研磨後はウォームネジの曲面に会わせて、鼓状のRが綺麗についているのが確認できます。ジュラルミンウォームホイールならではのスムーズな回転を約束します。 ※画像はSWAT-200のものです。

■高剛性を実現する贅沢なアルミ削り出し筐体
アルミ合金削り出しの贅沢な筐体を採用しました。一般的な赤道儀では、筐体部分をアルミの鋳物やダイキャストで製作して、必要な部分を加工してから、極軸などの内部部品を組み込むことが通常の方法です。ユニテックでは圧倒的な加工精度が得られる無垢のアルミ合金(押し出し材)からマシニング加工により筐体を削り出しています。のような時間のかかる生産方法はコストがかかる上に効率が悪いため、通常は行われません。少ロット生産メーカーだからこそ可能な非常に贅沢な仕様になっています。もちろん、強度も高く、搭載可能重量は約15kg(ターンテーブル直付け位置)とポータブル赤道儀としては驚異の仕様となっています。

■多彩な速度切り替えを実現した両半球対応のマイコン制御モータードライブ。オートガイドにも対応
SWAT-350に内蔵されたモータードライブには最新のマイコン制御のステッピングモーターを採用し、多彩な速度切り替えを実現しました。また、本体パネルにはオートガイダーにも対応したリモートコントロールの接続端子を装備しています。オートガイダーは長焦点での星野撮影に威力を発揮します。速度モードは、恒星時(キングスレート)のほか、太陽時、月時、2倍速、0.66倍速、0.5倍速、東西各16倍速を装備。0.66倍速、0.5倍速は「星景モード」として搭載しています。0.66倍速は、0.5倍速より星の動きに重点を置いていますので、地上より星の流れが目立つ0.5倍速より美しい星景写真が楽しめます。高速側は16倍速を採用しています。望遠鏡搭載時の天体導入に威力を発揮します。

SWAT-350で新たに採用されたのがモードインジケータです。電装基板には緑、黄、赤の3色に変わるLEDが装備され、点灯、点滅によって追尾の状態を表示するようになっています。「緑」は恒星時運転でのみ使用され、ユーザーはモードインジケータの「緑」をチェックするだけで、恒星時運転していることを確認できます。

■時角目盛環を備えた大型ターンテーブルを採用
一般的なポータブル赤道儀と異なり、本機のターンテーブルは通常の赤道儀と同様にクランプによって、スムーズな粗動回転が可能です。ターンテーブル表面には、様々なアクセサリー群に対応するネジ穴があらかじめあけてありますので、ユーザーが自由にご利用いただけます。また、メインクランプは大型で使いやすい形状をしています。さらにSWAT-350の極軸には時角目盛環が装備されいます。赤緯軸に角度目盛り付きの「粗動付微動回転ユニット」を組み合わせることで、昔ながらの目盛環で天体を導入するユーザーには便利な機能です。

■上部左右と右下に配置された北極星のぞき穴
上部の北極星覗き穴は、オプションの極軸望遠鏡取り付けネジと兼用になっています。利き目が左右どちらでも不便がないように左右の2箇所に視界約10度の覗き穴を、さらに視界約7度の覗き穴を右下に設けた親切設計です。(オレンジ色の矢印)この覗き穴の中心に北極星を入れるだけでも焦点距離100mmのレンズを3〜4分追尾できる設置精度に極軸設置ができます。デジタル時代になって大幅に露出時間が短縮された現在。極軸の設置精度もそれにともなって緩くてすみます。フィルム時代の10分の1の露出なら極軸の設置精度も10分の1で構わないのです。

■タイムラプスムービー撮影に対応した背面カメラネジ
SWAT-350の背面には、本体を水平に設置してタイムラプス撮影用の回転台として使用するためのカメラネジ(太ネジ対応)が装備されいます。(背面の画像の緑の矢印)。正転、逆転合わせて16モードの回転速度を使い分けて、タイムラプスムービー撮影にチャレンジするユーザーには便利にお使いいただける装備です。

■SWAT-350の性能を引き出す充実のオプション群
オプションとして暗視野照明装置つきの極軸望遠鏡やゴニオ式極軸微動ユニット、ドイツ式赤緯ユニット、シンプルフォークユニット、ダブル雲台ベース、アリミゾ、テーパーシステム、微動/粗動回転ユニット、オートガイダー(ST-4互換)対応のリモコン、アルミ削り出しの卓上スタンドなどをご用意しています。組み合わせてご使用いただくことで、ユーザーのニーズにマッチしたスタイルを構築できます。


●詳しくは、オプションページへ。

■主な仕様
名 称 SWAT-350(スワット・サンビャクゴジュウ)
形 式 星野写真撮影用小型赤道儀
追 尾 恒星時(キングスレート)、平均太陽時、平均月時、2倍速、0.66倍速(星景写真用)、0.5倍速(星景撮影用)西行16倍速、東行16倍速、の8モード切替/北半球・南半球対応/3色LEDによるモードインジケータ付
ギ ヤ ウォームホイールによる全周微動/直径106mm・歯数210枚/ジュラルミン製
追尾精度 ±7秒角前後
極 軸 直径40mm、アルミ合金製、直径40mm大型ベアリング2個と小型ベアリング1個の支持、時角目盛環付
駆 動 マイコン制御によるステッピングモーター駆動
搭載可能重量 約15kg (ターンテーブル上に搭載できる重量) ※撮影機材の他、アリミゾキャッチャー、ダブル雲台ベース、微動回転ユニット、バランスウェイトなど、搭載のためのすべての重量を含めます。ドイツ式として運用する場合、鏡筒やカメラなどの機材としては6〜7kg程度が一応の目安となります。社内テストで5kg超の機材を搭載してテスト撮影を行っておりますが、まったく問題なく運用しております。
極軸望遠鏡 視界約10度と約7度の素通し穴/外付け極軸望遠鏡装着可(別売)
電 源 付属電源ボックスは単三電池×6本/Ni-MH充電池、Ni-Cd充電池にも対応
電 圧 DC6V〜DC12V(推奨9V)/消費電流約160mA(9V時)、付属電源ボックスの単三電池6本で約10時間駆動
大きさ 縦181mm×横118mm×高さ92mm(三脚アダプター、ネジ類の突起部を除く)
質 量 約2.4kg
その他 別売アクセサリーとして、リモコン・ハンドボックス(オートガイダー用モジュラー端子付き)、外付け極軸望遠鏡、極軸微動ユニット、ドイツ式赤緯ユニット、ダブル雲台ベースなど多彩なオプションをご用意しています。
 
■ポータブル赤道儀
 SWAT-310
 シルバーツートンアルマイト
 オープン価格 参考価格 115,000円(税別)
 


SWAT-310はシリーズ最高峰「SWAT-350」の設計思想をそのまま引き継ついだ高性能ポータブル赤道儀です。SWAT-350とは目盛環周りの極軸構造が異なるだけで、ベアリングのサイズや数、その他の構成パーツはすべて共通です。新機能として、このクラス初の赤経恒星時目盛環を実現。赤緯にオプションの回転ユニットをお使いいただくことで、目盛環直読みによる天体導入が可能となり、暗い天体や彗星などを捕捉するときに威力を発揮します。機構面では、高精度追尾を実現するために直径106mm、歯数210枚まで大径化したウォームホイール、高剛性を実現する贅沢なアルミ削り出し筐体など、一切の妥協を排除し、耐荷重量約10kgを達成しました。そのためオプション群を搭載した運用でも安心の高剛性を実現しています。モータードライブには最新のマイコン制御を採用し、多彩な速度切り替えを実現。オートガイダー(ST-4互換)にも対応し、長焦点での星野撮影に威力を発揮します。

■素材にもこだわった大型ウォームホイール
ウォームホイールのサイズは追尾精度に直接影響する重要な要素です。SWAT-310のウォームホイールには中型赤道儀並みの直径106mm、歯数210枚の大型ホイールを採用し、驚くほどの追尾精度を実現します。また素材にはジュラルミンを採用。組み立て時に高精度研磨(エイジング処理)することにより、とても滑らかでスムーズな回転が得られます。

写真は高精度研磨前(上)と研磨後(下)の歯面の状態です。研磨後はウォームネジの曲面に会わせて、鼓状のRが綺麗についているのが確認できます。ジュラルミンウォームホイールならではのスムーズな回転を約束します。 ※画像はSWAT-200のものです

■高剛性を実現する贅沢なアルミ削り出し筐体
アルミ合金削り出しの贅沢な筐体を採用しました。一般的な赤道儀では、筐体部分をアルミの鋳物やダイキャストで製作して、必要な部分を加工してから、極軸などの内部部品を組み込むことが通常の方法です。ユニテックでは圧倒的な加工精度が得られる無垢のアルミ合金(押し出し材)からマシニング加工により筐体を削り出しています。のような時間のかかる生産方法はコストがかかる上に効率が悪いため、通常は行われません。少ロット生産メーカーだからこそ可能な非常に贅沢な仕様になっています。もちろん、強度も高く、搭載可能重量は約10kg(ターンテーブル直付け位置)とポータブル赤道儀としては驚異の仕様となっています。

■多彩な速度切り替えを実現した両半球対応のマイコン制御モータードライブ。オートガイドにも対応
SWAT-310に内蔵されたモータードライブには最新のマイコン制御のステッピングモーターを採用し、多彩な速度切り替えを実現しました。また、本体パネルにはオートガイダーにも対応したリモートコントロールの接続端子を装備しています。オートガイダーは長焦点での星野撮影に威力を発揮します。速度モードは、恒星時(キングスレート)のほか、太陽時、平均月時、2倍速、0.66倍速、0.5倍速、東西各16倍速を装備。0.66倍速、0.5倍速は「星景モード」として搭載しています。0.66倍速は、0.5倍速より星の動きに重点を置いていますので、地上より星の流れが目立つ0.5倍速より美しい星景写真が楽しめます。高速側は16倍速を採用しています。望遠鏡搭載時の天体導入に威力を発揮します。

SWAT-310に採用されたモードインジケータは一目で駆動モードが確認できる便利な装備です。電装基板には緑、黄、赤の3色に変わるLEDが装備され、点灯、点滅によって追尾の状態を表示するようになっています。「緑」は恒星時運転でのみ使用され、ユーザーはモードインジケータの「緑」をチェックするだけで、恒星時運転していることを確認できます。

■赤経恒星時目盛環を採用した大型ターンテーブル
一般的なポータブル赤道儀と異なり、本機のターンテーブルは通常の赤道儀と同様にクランプによって、スムーズな粗動回転が可能です。ターンテーブル表面には、様々なアクセサリー群に対応するネジ穴があらかじめあけてありますので、ユーザーが自由にご利用いただけます。また、メインクランプは大型で使いやすい形状をしています。さらにSWAT-310の極軸には赤経恒星時目盛環が装備されいます。赤経恒星時目盛環は基準星で座標を合わせると、恒星時駆動している限り、正しい赤経座標を表示し続けます。そのため赤緯軸に角度目盛環付きの「回転ユニット」を組み合わせることで、目盛環を直読みして天体を導入できます。暗い天体や彗星などを捉えるときには特に便利に感じるでしょう。

■上部左右と右下に配置された北極星のぞき穴
上部の北極星覗き穴は、オプションの極軸望遠鏡取り付けネジと兼用になっています。利き目が左右どちらでも不便がないように左右の2箇所に視界約10度の覗き穴を、さらに視界約7度の覗き穴を右下に設けた親切設計です。(オレンジ色の矢印)この覗き穴の中心に北極星を入れるだけでも焦点距離100mmのレンズを3〜4分追尾できる設置精度に極軸設置ができます。デジタル時代になって大幅に露出時間が短縮された現在。極軸の設置精度もそれにともなって緩くてすみます。フィルム時代の10分の1の露出なら極軸の設置精度も10分の1で構わないのです。

■タイムラプスムービー撮影に対応した背面カメラネジ
SWAT-310の背面には、本体を水平に設置してタイムラプス撮影用の回転台として使用するためのカメラネジ(太ネジ対応)が装備されいます。(背面の画像の緑の矢印)。正転、逆転合わせて16モードの回転速度を使い分けて、タイムラプスムービー撮影にチャレンジするユーザーには便利にお使いいただける装備です。
※画像はSWAT-350です。

■SWAT-310の性能を引き出す充実のオプション群
オプションとして暗視野照明装置つきの極軸望遠鏡やゴニオ式極軸微動ユニット、ドイツ式赤緯ユニット、シンプルフォークユニット、ダブル雲台ベース、アリミゾ、テーパーシステム、回転ユニット、オートガイダー(ST-4互換)対応のリモコン、アルミ削り出しの卓上スタンドなどをご用意しています。組み合わせてご使用いただくことで、ユーザーのニーズにマッチしたスタイルを構築できます。


●詳しくは、オプションページへ。

■主な仕様
名 称 SWAT-310(スワット・サンビャクジュウ)
形 式 星野写真撮影用小型赤道儀
追 尾 恒星時(キングスレート)、平均太陽時、平均月時、2倍速、0.66倍速(星景写真用)、0.5倍速(星景撮影用)西行16倍速、東行16倍速、の8モード切替/北半球・南半球対応/3色LEDによるモードインジケータ付
ギ ヤ ウォームホイールによる全周微動/直径106mm・歯数210枚/ジュラルミン製
追尾精度 ±7秒角前後
極 軸 直径40mm、アルミ合金製、直径40mm大型ベアリング2個と小型ベアリング1個の支持
駆 動 マイコン制御によるステッピングモーター駆動
搭載可能重量 約10kg
極軸望遠鏡 視界約10度と約7度の素通し穴/外付け極軸望遠鏡装着可(別売)
電 源 付属電源ボックスは単三電池×6本/Ni-MH充電池、Ni-Cd充電池にも対応
電 圧 DC6V〜DC12V(推奨9V)/消費電流約160mA(9V時)、付属電源ボックスの単三電池6本で約10時間駆動
大きさ 縦181mm×横118mm×高さ94mm(三脚アダプター、ネジ類の突起部を除く)
質 量 約2.4kg
その他 別売アクセサリーとして、リモコン・ハンドボックス(オートガイダー用モジュラー端子付き)、外付け極軸望遠鏡、極軸微動ユニット、ドイツ式赤緯ユニット、ダブル雲台ベースなど多彩なオプションをご用意しています。
 

ホーム |  新着情報 | 製品紹介 |  オプション |  コラム |  作例写真 |  よくある質問 |  ブログ |  取扱店 |  メール
…………………………………………………………………………………………………………………………………………
このサイトについて |  サイトマップ |  個人情報保護方針

Copyright(C) 2012 UNITEC Corporation All Rights Reserved.